MinecraftForge導入手順(MCP)

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索
この記事は執筆中です。加筆してくださる人を募集しています。

Minecraft1.6.1以降で、MinecraftForge8.9.0.749以降を導入する場合の手順です。

動作確認
Minecraft1.6.1 Forge8.9.0.???
  • 動作の確認は基本的にRecommended[推奨版]のみ。Latest[最新版]はForge自体の動作が保証されていません。
  • Forgeのダウンロードはこちらから。


以前のバージョンでの手順

目次

[編集] 必要なもの

[編集] 前準備

基本は、「事前準備・MOD開発環境を作る」に準じています。
初めて導入する場合、上記ページで詳しく解説しているのでそちらへ。ここでは簡単に手順だけ書きます。

  1. JDKをダウンロードし、インストールする。環境変数設定を忘れずに。

[編集] 環境構築手順


  1. Forge の src を展開し install.cmd を実行する。
    • mcp も .minecraft ディレクトリからのコピーも server の jar も何もかも必要なし。
  2. 暫く待つと mcp ディレクトリ内に必要なファイルが生成される。
    • rsync(Windows なら cygwin)などで既存環境へ mcp/src, mcp/jars をコピーすると楽。
    • lib ディレクトリは空っぽになってしまった(jars/libraries に移動した)ので中身を削除。
    • Eclipse で開発する場合は、mcp/eclipse/Minecraft/.classpath の中身に従って、リンクするライブラリを指定(プロジェクトのプロパティ→Javaのビルド・パス→ライブラリー)する。ファイル数が多い(1.6.1 の時点で 20 個)ので注意。
    • jinput と lwjgl, lwjgl_util は ネイティブの DLL が必要なので、jars/versions/1.6.1/1.6.1-natives を「ネイティブ・ライブラリーのロケーション」に指定すること。
  3. Eclipse からのゲーム起動は今までの Start クラスから net.minecraft.launchwrapper.Launch に変更されたので注意。
    • 起動クラスを net.minecraft.launchwrapper.Launch、プログラムの引数として「--version 1.6 --tweakClass cpw.mods.fml.common.launcher.FMLTweaker」を指定。
    • VM への引数として「-Xincgc -Xmx1024M -Xms1024M」を指定。
    • 作業ディレクトリに「${workspace_loc:(プロジェクト名)/jars}」を指定。GUI からワークスペースの jars ディレクトリを指定しても良い。
    • ワールド情報は jars/save の中に生成されるので、既存ワールドは適宜このディレクトリにコピーすること。一度ゲームを起動すれば jars ディレクトリ内に必要ディレクトリが作成される。
  4. サーバ起動時のクラスは net.minecraft.server.MinecraftServer。

[編集] 1.6.4の場合

  • fml\mc_versions.cfgを開く
  • 一番最後らへんに下のコードがある [1.6.4]の
  • "server_md5 = ba3145656b1480122bd8759cecd7b7a1"の部分を
  • "server_md5 = abcf286a14f7aee82e8bf89270433509"に直す
  • 上書き保存したらinstall.cmd を実行する。

コメント: 



  • 1.6.2(9.10.1.871)にて28のライブラリがダウンロードに失敗します。なので手動でダウンロードしようと思うのですがどのディレクトリにダウンロードすればよいか分かりませんのでどなたか教えてくれませんか? --180.19.176.37 2014年2月2日 (日) 22:34 (JST)

過去コメント

チュートリアル
個人用ツール