MOD開発環境を作る

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索

[編集] Minecraft のMod開発環境を構築する

以下の構築環境は、主に「クライアントユーザ向け」のMOD構築です。

前提MOD利用する環境

ModLoaderを使用する場合は、 MCPの環境構築手順のSetup3の minecraft.jar(Modloader導入済)と minecraft_server.jar(ModLoaderを入れてない状態)の両方を用意して下さい。
前提MODを利用しない環境

前提MODについて
  • 1.8現在、前提MODはMinecraftForgeが主流になっています。

MinecraftForgeで出来ないことは、他の前提MODでも出来ないくらい、APIが充実しています。
他の前提MODとして、

  • LiteLoader(クライアントサイドのみ)
  • BlazeLoader

というMODが存在します。それぞれForgeよりもMODを作りやすいという特徴が有ります。

[編集] JDK(Java SE Development Kit)をダウンロードする

JDK(Java SE Development Kit)をダウンロードするには、
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html をクリックして下さい。
ダウンロードするバージョンは、JDKの最新版で問題ありません。
(ただし、開発時にはJava7以降の機能は使わないようにしましょう)

JDK DOWNLOADというボタンがあるのでそのリンクを押します。
そして Oracle Binary Code License Agreement for Java SE に同意するために、
Accept License Agreement(訳: ライセンスに同意する)のラジオボタンを選択(クリック)して、
その後、自分のプラットフォームに合わせたJDKのダウンロードリンクをクリックしましょう。

windows x86 = 32bit/windwos x64 = 64bit

JDKのインストール後、環境変数の設定が必要なことがあります(ほぼ必ず)

[編集] IDE(統合開発環境)の利用

MOD作成はテキストエディタでも可能ですが、コンパイルエラーやデバッグのしやすさ等でIDEを利用することが推奨されます。

チュートリアル
個人用ツール