1.8から1.9への変更点

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索
この記事は執筆中です。加筆してくださる人を募集しています。

目次

[編集] 1.8から1.9への変更点

[編集] 全般

  • GameRegistryへのオブジェクト登録が変更
    • Block,Itemだけでなく,SoundEvent等の登録もここから行うように
    • 登録メソッドはジェネリッククラスを用いた<T>register()に統一,従来のregisterBlock(),registerItem()はDeprecatedに

[編集] Block

  • ItemBlockはBlockとは別に手動でregisterしなければならなくなった

[編集] Entity, モブ

  • 従来のDataWatcherに変わり,EntityDataManagerによるデータ同期方式が採られるように.
    • 各データ登録も,数値IDを直接指定する方法ではなく,DataParameterクラスを利用する.
    • 保有できるデータの個数が従来の32個から255個に増えている.
  • すべてのmobが両手アイテム持ちに対応
    • 装備・手持ちスロットはEntityEquipmentSlotというEnumによって管理される.

[編集] Dimension

  • Dimensionの情報の多くは、DimensionTypeでまとめて管理されるようになり、DimensionManagerでの登録時にも、DimensionTypeのインスタンスが要求されるようになった
    • DimensionTypeは、DimensionType.registerを用いて登録・生成できる
    • DimensionManager.registerProviderTypeは削除された

[編集] Event

  • 各種Eventのentityをはじめとしたフィールドがprivate化されている(#1805~)
    • 該当のフィールドはすべてgetterに移行
    • 他にもprivate化されたフィールド有

[編集] Tessellator

  • WorldRendererが廃止.代わりにVertexBufferクラスが用意されるように.
    • tessellator.getBuufer()より取得
    • WorldRendererに存在したメソッドはそのまま用意されている

[編集] Sound

  • サウンドの再生はイベント名を直接Stringで指定するのではなく,SoundEventというクラスを利用して指定するように
    • 通常のサウンド再生を行うには,GameRegistryにregisterする必要がある
チュートリアル
個人用ツール