1.7のサウンド追加

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索

この記事は"Minecraft Forge Universal 10.12.0.xxx~"を前提MODとしています。

目次

[編集] 1.7でのサウンド追加

1.7でサウンドを追加する方法

[編集] sounds.json

{
  "sample.sample":{
    "category":"player",
    "sounds":[
      {
        "name": "sample/sample",
        "type": "sound",
        "weight": 1,
        "volume": 1,
        "pitch":1,
        "stream":false
      }
    ]
  },
  "sample.sample.sample":{
    "category":"player",
    "sounds":[
      "samplemod:sample/sample/sample1",
      "samplemod:sample/sample/sample2"
    ]
  }
}

"sample.sample":登録名。
"category":カテゴリー名。master, music, record, weather, block, hostile, neutral, player, ambientを指定可能。
"sounds":ファイル名配列。中括弧{}を利用することで詳細指定可能。
-"name":ファイル名。
-"type": "event"を指定可能。通常は省略
-"weight":出現頻度。1が標準。
-"volume":音量。1が標準。
-"pitch":音程。1が標準。
-"stream":1分以上流し続けるかどうか。falseが標準。
sounds.jsonファイルは'"src/minecraft/assets/ドメイン名/sounds.json"

[編集] 音声ファイルのコード内での指定方法

音声ファイルの指定方法は1.6と変わらず、

world.playSoundAtEntity(player, "samplemod:samplesound", 1.0F, 1.0F);

のように、“ドメイン名:登録名”の形の文字列で指定。 ドメイン名は小文字のみ利用可能。

[編集] 音声ファイルの置き場所

"src/minecraft/assets/ドメイン名/sounds/ファイル名"

チュートリアル
個人用ツール