1.7でjar形式のAPIを利用する方法

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索

この記事は"Minecraft Forge Universal 10.12.0.xxx~"を前提MODとしています。

[編集] はじめに

他のMODと自作MODを連携させる際、他のMODで提供されているAPIを利用する場合が多い。

APIの配布形態は主にjar形式とzip形式の2種類ある。

ここでは、jar形式のAPIの利用について解説する。

zip形式のAPIの利用については、1.7でjar形式でないAPIを利用する方法を参照されたし。

[編集] jar形式のAPIを利用する方法

まず、APIを配布先からダウンロードします。保存先はどこでも良いですが、自身のMODのプロジェクトフォルダ内に、“libs”とでも名付けたフォルダを作り、その中に入れておきます。 配置が正しければ、“libs”フォルダは“src”フォルダと同階層に配置されているはずです。 自身のMODの“build.gradle”ファイルに、以下のようなコードを追加する。(このような形式でなくても追加できます。飽くまで一例です。)

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'フォルダ名', include: 'APIjar名(.jarまで含めて)')
}

これで、ビルド時に指定jarを参照するようになります。 IDEと連携させる場合は、ForgeGradleの各IDEに対応したtaskを実行して下さい。

チュートリアル
個人用ツール