1.6の開発環境の作り方

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索

ここのサイトをみてくれたらいいかな? [ここ[1]]

目次

[編集] MinecraftForgeを使った開発環境のつくり方

[編集] 必要なもの

  • Java development kit

Java SE Downloadから、JDKのダウンロードしておきましょう

  • Forgeのソース

Minecraft Forge Downloadから、Forgeのsrcをダウンロードしておきましょう

[編集] Step1 JDKのダウンロード・インストール

JDKのインストールが済んでいる場合は次へ
一般のPCにはインストールされていません。

Java SE Downloadから、
JDKのDownloadをクリック
ラジオボタンを Accept License Agreementに変えて、
自分のPCにあったものをダウンロード、インストール

[編集] Step2 Minecraft Forgeのダウンロード・インストール

Minecraft Forge Downloadから、
Recommendedの開発したいバージョンの、srcをダウンロードしてください。

解凍後、Windowsではinstall.bat、その他ではinstall.shを起動してください。
終了するまで待ち、終了したら終わりです。

初心者の方はIDEを入れておくのが良いでしょう。
次に進んでください。

  • 注意

【解決】forge-1.6.4-9.11.1.965 の開発環境構築について
公式1.6.4サーバーファイルの更新(に起因するMD5の変更)により、ファイルダウンロードに失敗する問題。


[編集] おまけ eclipseのダウンロード・インストール

IDEのダウンロードです。eclipse以外にもIDEがたくさんありますので、自分にあったのを見つけて見てください。Macを使っている方はXcodeでも構いません。

Eclipse 日本語化プラグインから、最新版の4.3Keplerをダウンロードしてください。
古いバージョンのほうが軽いです。PCのメモリに余裕がなければ古いバージョンをダウンロードしましょう。
自分のバージョンにあった、Full EditionJavaをダウンロードしてください。

解凍して、好きな場所へ配置してください。
起動後、ワークスペースの選択で、forge/mcp/eclipseを選択してください。

チュートリアル
個人用ツール