前提MODの自動DLの仕方

提供:Minecraft Modding Wiki
移動: 案内, 検索

目次

[編集] はじめに

前提MOD・ライブラリの自動DLはMinecraft Forgeにはまだ実装されていない。 ここで、解説するものは、chicken_bones氏のCodeChickenCore、及びその内部のクラスを利用した実装である。

注意;この方法で、CoremodをDLさせると、クラスロードのタイミングに間に合わないので、初回は必ずコケます。

[編集] 自動DLの実装方法

自動DLの実装方法は大きく分けて、3つある。

[編集] CodeChickenCoreを前提MODに指定する場合

CodeChickenCoreを前提にすれば、あとで解説するdependencies.infoファイルをjar(zip)ディレクトリ直下に置くだけで、自動DLをさせることが出来る。残りの2つの方法はいずれもcoremod利用なので、初心者はこちらを使うとよい。

[編集] 自動DLを自前で用意する(これ以外にCoremodは実装しない)

CodeChickenCoreの自動DLを担っているクラスはDepLoaderというクラスで、それを、パッケージに入れてしまえば、同じようにdependencies.infoファイルで自動DLさせることが出来る。 CodeChickenCoreのソースコードは、 bitbucketGithubにある。 あるいは、配布ページのsrcからもダウンロードすることが出来る。

DepLoaderクラスをMOD内の適当な位置に配置し、jarのMANIFEST.MFを以下のように指定する。

Manifest-Version: 1.0
FMLCorePlugin: package.DepLoader
FMLCorePluginContainsFMLMod: true

あとは、jarに圧縮すれば良い。

1.7の場合は、build.gradleファイルに

jar {
    manifest {
        attributes 'FMLCorePlugin' : 'codechicken.core.launch.DepLoader','FMLCorePluginContainsFMLMod':'true'
    }
}

と追記すればよい。

dependencies.infoの扱いは上の場合に準ずる。

[編集] 自動DLを自前で用意する(これ以外にClassTransformerを実装する)

すでにCoremodを内包しているMODに自動DLを付ける場合、CoremodがIFMLCallHookインターフェースをすでに実装している時はこの方法が使えない。 しかし、実装してないなら、IFMLLoadingPluginのgetSetupClassメソッドにDepLoaderの完全修飾クラス名を記述することで、動作するようになる。

    @Override
    public String getSetupClass() {
        return "package.DepLoader";
    }

この時の、JarのMANIFEST.MFにはIFMLLoadingPluginインターフェースを実装したクラスの完全修飾クラス名を指定すればよい。

dependencies.infoの扱いは上の場合に準ずる。

[編集] dependencies.info

[編集] dependencies.infoの例

1つのライブラリを自動DLさせる。

{
"repo": "https://dl.dropboxusercontent.com/s/uzka4pg5ryx2qqx/",
"file": "PotionExtension-1.0.1.jar",
"dev": "PotionExtension-1.0.1-dev.jar",
"class": "ak.potionextension.PotionExtensionCorePlugin"
}

2つ以上のライブラリを自動DLさせる。(ProjectRedのものを記載)

[{
	"repo": "http://files.minecraftforge.net/ForgeMultipart/",
	"file": "ForgeMultipart-universal-1.6.4-1.0.0.244.jar",
	"dev": "ForgeMultipart-dev-1.6.4-1.0.0.244.jar",
	"class": "codechicken.multipart.MultipartMod"
},
{
	"repo": "http://files.minecraftforge.net/CodeChickenLib/",
	"file": "CodeChickenLib-universal-1.6.4-1.0.0.61.jar",
	"dev": "CodeChickenLib-dev-1.6.4-1.0.0.61.jar",
	"class": "codechicken.lib.asm.ASMHelper"
}]

[編集] dependencies.infoの解説

属性値 タイプ 説明
repo 文字列 DLさせたいライブラリ・前提MODの配布ディレクトリ
file 文字列 DLさせたいライブラリ・前提MODのファイル名
dev 文字列 DLさせたいライブラリ・前提MODの開発者用ビルドのファイル名(開発環境でDLされる?)
class 文字列 DLさせたいライブラリ・前提MODの@Modアノテーションの付いたクラス(orIFMLLoadingPluginクラス?)
チュートリアル
個人用ツール